POICウォーター

POICウォーター

POICウォーター|やじま歯科医院

POICウォーターとは

 細菌汚染された歯科治療水は医療ではない!
POICウォーター

やじま歯科医院ではむし歯や歯周病の予防に医院内ではもちろんホームケアにおいてもたんぱく分解型除菌水『POICウォーター』を推奨しております。 POICウォーターは純度の高い水(RO水)と高度に精製された塩(ローブロム塩)のみを原料に専用の装置で90分高電圧をかけて電気分解して作成されます。
そして次亜塩素酸の力で除菌するのです。ですから薬品のように副作用はなく、除菌した後は食塩水に戻ってしまいます。 (塩分濃度は海水よりもかなり低いので高血圧のかたでも安心です) 歯科用としては様々な機能水が使用されていますが、そのほとんどは次亜塩素酸を使用して殺菌することを主な目的に弱酸性に設計されています。 ところが歯周病菌やむし歯菌はバイオフィルムというたんぱく質の鎧に包まれていて、そのままでは次亜塩素酸が細菌まで到達することが出来ません。 POICウォーターは唯一アルカリ性に設計されており、このためにまず初めにバイオフィルムを分解することが可能になります。 そして直接次亜塩素酸が細菌に作用してむし歯や歯周病の原因菌を除菌できるのです。 やじま歯科医院では治療に入る前にまずPOICウォーターでお口をゆすいでいただきます。
これは注射をする前にアルコールで清拭するように、お口の中を除菌して細菌感染の機会を減らすためです。 同じようにホームケアにおいてもまずお口をPOICウォーターでよく洗口していただくことで、プラークを落としやすくなり、 除菌もできるため、むし歯や歯周病の予防ができるのです。
歯磨きをするときに出血をするかたは細菌が血管内に入ってしまい、「菌血症」と言ってときに細菌が悪さをしてしまうことがあるのですが、このようなことも防ぐことが出来ます。

注射の前にPOIC

POICウォーターの特徴

POICウォーター

  • 有効残留塩素濃度500ppm、PH9弱アルカリ性のタンパク分解型除菌水。
  • 超純水とローブロム塩のみを電気分解して作られる。薬品を使用していないため、安全性が高く、副作用は極めて少ない。
  • PH9弱アルカリ性に調整されているため、タンパク質を脂肪酸等に変性凝固させない。脂肪酸等に変性凝固してしまうと排膿路が閉鎖され、 嫌気性菌にとって良好な環境となり、炎症の急性化が起こることがある。
  • PH9の状態では次亜塩素酸イオンが豊富(理論値で487.5ppm)であり、次亜塩素酸イオンによってタンパク汚れが分解され、 その後PHが下がり次亜塩素酸が豊富になることにより除菌力が発揮される。この作用はホームケアに有効であり、 タンパク汚れ≒プラークを歯面より浮かせ、その後除菌力を発揮する。このことはむし歯予防、歯周病予防に極めて有効である。

介護などで口腔ケアをするときの注意点

お口の中にはものすごい数の細菌がいます。歯や歯ぐきには「デンタルプラーク」と言ってバイオフィルムに包まれた細菌がたくさんいます。お口の中にはきれいな方で1千億個。手入れの悪い方では6千億~1兆個!!!そしてデンタルプラーク1グラムの中には数億個もの細菌が住み着いているのです。昔の人はこれを「歯くそ」と呼んでいたのですが、まさにお尻の穴よりも細菌の数は多いのです。
要介護の方、がん、腎透析患者など免疫力が低下している患者さんの口腔ケアで、うっかりとデンタルプラークがたくさんついているままで歯磨きをしてしまうことは実はとても危険なのです。出血して血管を傷つけてしまうと、そこから細菌が血管の中に入ってしまい、菌血症を引き起こしてしまいます。体力のある方でしたら免疫細胞の働きで何も起こらないのですが、免疫力の低下している患者さんはそのまま細菌が体の中で悪さをしてしまうのです。一番わかりやすい例は菌血症によって発熱してしまうことです。重篤なケースでは命の危険さえあるのです。
このようなことを防ぐために「POICウォーター」であらかじめ洗口してから歯磨きをすることをお勧めします。洗口できない場合はスポンジブラシなどで、まずPOICウォーターで清拭してください。これは注射する前に消毒用アルコールで皮膚を清潔にすることと同じなのです。泥などが付いたままで注射はできませんよね。歯ブラシに「POICウォーター」を付けながら歯磨きするだけでも菌血症を防ぐことが出来るのです。

POICウォーターが効く仕組み

POICホームケアについて

>POICホームケア

POICウォーター・オーラループ4プラスを毎日のホームケアで使用していただくことで、ご家庭が「予防歯科室」になります。歯磨き前にPOICウォーターでたんぱく分解除菌をすることで、細菌の塊であるデンタルプラークを分解除菌した状態で歯磨きが行え、口腔内の環境を整えることが出来ます。
さらに歯磨きジェル「オーラループ4プラス」を使用することで、リンス効果がアップ。
オーラループ4プラスの主成分である「ポリリン酸」が歯ぐきのコラーゲン線維を再生させ、緩やかな抗菌力を持続させます。また、オリゴ糖カルシウムが唾液の中のカルシウムイオンを歯の表面に集めて歯を強化します。さらに配合された塩化マグネシウムが抗菌効果や細胞を活性化させます。このことで、歯や歯ぐきを健康な状態に整え、丈夫にできるのです。
効果的な方法はまずPOICウォーターで徹底洗口し、少しPOICウォーターをお口に含んだまま歯ブラシでブラッシングします。そして一度水でお口をPOICウォーターの味がなくなるまでゆすぎ、歯ブラシをきれいに洗います。それからオーラループ4プラスを歯と歯茎に刷り込むように優しくブラッシングします。オーラループ4プラスには有害な成分は含まれておりませんので、そのままゆすぐ必要はありません。成分を歯や歯ぐきに浸透させたいので、20~30分程度飲食はしないでください。
※ポリリン酸は生体分子ともいわれ、単細胞生物から人間まであらゆる動植物・生命体を作っている安全な成分です。
また、オーラループ4プラスにはフッ素や界面活性剤、発泡剤などが含まれていないので安心して使用できます。研磨剤も含まれないので歯の表面を傷つけません。

POICシステムメインテナンス

最新式コンピューター制御超音波スケーラー「P-MAX

一通り歯周病治療が終了した患者さんは、定期的に汚れ(バイオフィルム;細菌のかたまり)を落として、歯ぐきを健康に保つ必要があります。
POICウオォーター(たんぱく分解型除菌水)、オーラループ4プラスを使用することで、通常の歯周病メインテナンスよりもはるかに効果的に口腔内を除菌することが可能です。
体温程度に温めたPOICウォーターを使用して、最新式のコンピューター制御で振動も少ない超音波スケーラーにてデリケートに歯や歯根に付着した汚れを落として除菌します。
同時にバイオフィルムを破壊して、中の細菌をも効果的に除菌します。温めたPOICウォーターを使用しますので、しみる感じもなく、振動もデリケートなため、痛みもほとんど感じません。
口腔内を効果的に除菌しますので、非常に爽快なお口がよみがえります。
さらにプラズマレーザーシステムを併用するコースでしたら、歯ぐきをさらに除菌できて、レーザーの作用により、術後の痛みなどもより少なく、
同時に歯質強化もしますので、歯の根の部分のむし歯予防効果もあります。

リンク

水のきれいな歯医者さん

トップに戻る